2020.03.12
【ライフデザイン】組合員一人ひとりの人生を、組合がサポートするために

もうすぐ新生活を迎える人も多いと思います。
「自分の生きがいや価値観」「自分の人生をどう生きたいのか」を改めて考え、自分なりのライフプランニングを考える良いタイミングではないでしょうか。

今回は、
・組合員一人ひとりの人生を、組合がサポートする
・若い組合員に、もっとライフプランをもってもらいたい
というコンセプトのもと、『ライフデザイン・ハンドブック』を制作した事例を紹介します。


ライフプランニングとは?    

あなたは自分の人生をどのように過ごしたいですか? 
あなたの将来の夢や目標はなんですか? 

ライフプランニングとは、自分自身の今を把握し、自分の夢や目標をどのように実現していけばいいのか、これから先どんな人生を送りたいのか、そのイメージをカタチにしていく生涯生活設計のことです。


ライフプランニングはなぜ、必要?

「2.0の視力がありながら何のビジョンもないのは、目が見えなくてもビジョンを持っていることよりずっと悪い」(ヘレン・ケラー)

ライフプランニングも同様です。
将来がぼやけた状態では、夢の実現や目標の達成のために、今何をすべきかが見えてきません。自分だけのコンパスを持ち、人生の行き先を定め、現時点で使える時間やお金がどのくらいあるのか、自分の"将来のありたい姿"は何なのかをはっきりさせれば、人生はより充実したものになるはずです。


『ライフデザイン・ハンドブック』とは

今日の「仕事」と「私生活」を よりいきいきさせることを目的としたツール。

 ・ライフプランの必要性
 ・将来設計がイメージできるフローチャート
 ・組合の福利厚生(制度紹介)
 ・ライフデザインシート

これらが1つの冊子にまとめられています。

▼ライフデザインで重要とされる7つのステップ

≪STEP①≫
組合員に将来の状況をイメージしてもらい、夢や目標を明確にする
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
結婚・マイホーム購入などのイベントが今から起算してどのタイミングで起きるか、計算・予想し、 その上で、自分の夢と目標を明確にしていきます。

旅行をする、車を買う、家を建てる......何でもかまいません。
"したい!""やりたい!"と思うことを組合員にイメージしていただきます。

≪STEP②≫
『ライフデザインシート※』にライフイベントを書き出し、必要な費用を計算する
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
将来の姿を思い描き、自分の夢と目標を明確にしたら、ライフイベントとその費用や支払方法を検討します。
たとえば出産=子どもの教育費、車や家の購入=●年ローンを組む、一括払いなど。
 

≪STEP③≫
「わが家の収支」を作成する
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
毎年の収入と支出を記入してシミュレーションし、「わが家の収支」の状況をまとめます。
そして、各ライフイベントにかかる費用も計算に入れつつ、資金面の計画を立てていきます。
記入シートに沿って考えるので、難しくはありません!

≪STEP④≫
「わが家の収支」の問題点を洗い出す
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「わが家の収支」が完成したら、貯蓄残高がマイナスになっていないか、
貯蓄残高が急に減少していないかなど、収支面での問題の有無をチェックします。

≪STEP⑤≫
「わが家の収支」の問題点を改善する
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
収支を改善するポイントは、「1.支出を減らす」「2.収入を増やす」「3.資産運用で資産を増やす」の3点です。ライフイベントの見直しをしたり、定期的な支出を改善したりしながら、「わが家の収支」の問題点の改善を試みてみましょう。
ここまで来れば、一定のプランができあがっているはずです。

≪STEP⑥≫
夢や目標に向かってプランを実行!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
プランを立てたら実行あるのみ!です。三日坊主にせず、実行する固い意思と決意のもと、日々行動していきましょう。

≪STEP⑦≫
定期的な見直し
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
実行したプランは、定期的なチェックと見直しが必要です。
常に自分の"将来のありたい姿"をイメージしつつ、予期しない収入や支出があったときには軌道修正をし、自分らしい人生を送るための新たな道標を立てていきましょう。

『ライフデザイン・ハンドブック』は、これらを考え実行するために設計された冊子。
定期的に組合から情報発信しながら、組合員の皆さんに見直しを伝えていきましょう。

◆◇お客様の声◆◇

・ライフプランニングの基本的な考えの紹介から始まり、会社や健保の制度紹介、生涯賃金シミュレーションなど、組合員の人生を彩るための内容を盛りだくさん載せたところ、これが大正解でした。

・『ライフデザイン・ハンドブック』の刊行と並行して、ライフデザインセミナーを組合主催で開催したのですが、参加者がとても多く、「自分や家族の人生をあらためて考えたいと思いました」「今まで無計画に生きてきた自分が恥ずかしかった。これからは、一年一年きちんと計画を立てていき、バラ色の人生を謳歌します!」といった声も聞こえてきました。

・『ライフデザイン・ハンドブック』を作成することにより、ライフプランを可視化でき見つめなおすきっかけになりました。

・組合員にライフプランニングの大切さが、伝わったのかなと思います。ありがとうございました。

人生100年時代と言われる今、先のことは誰にも分らないのは本当です。
だからこそ、計画は常に見直す必要があるのです。
このような時こそ、組合による組合員のライフサポートが重要になってきているのではないでしょうか。
 

今回のお話にご興味をもたれた方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

j.union広報担当j.union株式会社 広報グループ

組合活動お役立ち情報を紹介します!お気軽にお問い合わせください。

« 前回の記事 次回の記事 »