j.union株式会社

労働組合の活動を
総合的に支援します。

2021.10.31
【職場自治】「マインド×スキル」で職場主体の活動へ

働き方が大きく変化した今、多様な現場の現状や課題を組合の中央が把握することは、これまで以上に難しくなっています。j.unionではこれまでも「自分たちの職場は自分たちで良くする」を合言葉に職場自治活動を提案してまいりましたが、withコロナ・afterコロナにおいては、それぞれの現場での課題解決がますます重要となりつつあります。
さらに、コロナ禍で急速にテレワークが進んだことで、「職場」そのもののあり方も様変わりしました。自宅が「職場」になる、もしくは出社しても人との距離を保つことを求められ、これまでのように集うことができない...そんな環境では「職場」の実感さえ薄れがちです。今まで、同じ空間にいることで、なんとなく「同じ職場」としての一体感のようなものを感じあっていた場合でも、「職場感」の醸成のためにメンバー同士のつながりを意識的に作ることさえ必要になっています。
そんな中、職場主体の組合活動を進めるにはどうしたら良いのでしょうか?

OSとして「マインド」をセットアップする

職場主体の活動を進めるうえで、まず大切にしたいのは「マインド」です。
ここでは「感情、意志、知識、思いやりを含めた意識」のことを総称してマインドと呼ぶことにします。
そもそもの組合活動の意義、時代背景や置かれている環境、さらにコロナ禍で現場力の向上が求められている現状など、土台としてのマインドを知り、その意味・意義を考え、理解することから始めます。
OSとは、パソコンを動かすために重要な役割を果たす脳のような存在ですが、組合活動においても、初期設定として考え方・知識・思いなどがベースにあることがとても重要なのです。

アプリとして「スキル」をインストールする

パソコンであれば、初期設定を行うことでアプリを使える状態にはなりますが、OSをセットアップしただけでは「パソコンを動かす準備ができただけ」に他なりません。利用目的に応じ、パソコンにメールソフトやワープロソフトを、スマートフォンにSNSや動画配信アプリをインストールするように、職場主体の活動を進めるうえで必要な「スキル」を身に着けることで初めて、実際の活動につながるのです。

「マインド×スキル」で活動が前に進む

「知識・考え方の研修を行ったけど、現場メンバーのポテンシャルやモチベーションにより活動にばらつきがある」「スキル研修自体は良いのだけど組合活動につながるイメージが持ちにくい」などでお悩みのケースもあるかもしれません。
自分たちの職場のつながりを深め、自分たちで職場づくりをしていくことがますます重要になっている今、組合活動を進める両輪として「マインド」と「スキル」をセットで学ぶことをオススメします。

j.unionでは、これまでの職場自治の教育体系に加え、「職場自治×ホワイトボード・ミーティング®」研修を新たにラインナップとして取り揃えました。研修で体験したワーク内容をそのまま持ち帰って職場集会などに活用でき、実際の職場集会のスケジュールに並行する連続講座ですので、職場活動に伴走した研修スケジュールを組むことが可能です。「職場」のあり方が変わりつつある今だからこそ、「マインド×スキル」で、職場主体の活動をどんどん進めていきませんか?

野村 麻希子j.union株式会社 人材開発グループ

好きな言葉は「健啖家」

« 前回の記事 次回の記事 »