j.union株式会社

労働組合の活動を
総合的に支援します。

2022.04.17
組合活動におけるコミュニティとは?

先日、ある組合役員様とこれからの組合活動に求められる変化について話していた際、「組合活動でコミュニティをつくりたいんだよね!」というお話を伺いました。

昨今では、地域コミュニティ、オンラインコミュニティ、趣味コミュニティ、企業コミュ ニティなど、「コミュニティ」という言葉を耳にすることも多くなりましたが、改めて"コミュニティ"とは一体何なのでしょうか。
私自身も具体的に想像できないことに気づきました。

さまざまな意味をすべて"コミュニティ"という言葉に込めてしまうのは、一見便利なようでも各々が独自にコミュニティの「姿」を思い描き、共通認識が ないまま議論のすれ違いを生んでしまうのではないか。

そこで、「"コミュニティ"とは何なのか」「組合活動にどのような意味があるのか」について、考えてみました。

◆コミュニティとは? 辞書で確認しました

<コミュニティ【community】>
居住地域を同じくし、利害をともにする共同社会。 町村・都市・地方など、生産・自治・風俗・習慣などで深い結びつきをもつ共同体。地域 社会。
出典:Weblio辞書(デジタル大辞泉より)

上記の定義からすると、普段私がよく耳にする"コミュニティ"の意味合いとは少し異なると感じました。

特に「オンラインコミュニティ」はバーチャルな環境ということもあり、地域性が含まれていません。もう少し調べてみました。

例えば、コミュニティマネージャーの河原あず氏は、 著書『ファンをはぐくみ事業を成長させる 「コミュニティ」づくりの教科書』の中で、 次のような人の集まりを"コミュニティ"と定義しています。
・参加者一人ひとりが、目的意識を持って能動的に活動に関わっている
・参加者同士が対等にコミュニケーションを取れる

このことから、"コミュニティ"という言葉は、本来の辞書的な意味を超え、次代の変化に合わせてさまざまな使われ方をしていることがわかりました。 唯一共通する点を挙げるとすれば、「人が集うこと、共有すること」くらいだと思います。

◆労働組合にとっての"コミュニティ"とは

そのような前提を踏まえたうえで、そもそも労働組合は"コミュニティ"そのものなのではないか?と思いましたが、あえて組合活動における"コミュニティ"とは何を意味するのか、と いうことについて考えてみました。

まず、"コミュニティ"は「場(手段)」に過ぎず、それ単体では意味を成さないということです。
つまり、「"コミュニティ"という場をつかって何を実現したいのか(目的)」を定めることが重要です。
それでは、組合活動における"コミュニティ"には、どのような目的が設定できるでしょうか。

私は、"コミュニティ"という単語に含まれる意味や用法が、時代の変化に合わせて膨張し、共通するポイントとして「人が集うこと、共有し合うこと」の一点に削ぎ落とされたことを先に述べました。これは労働組合の価値についても同じことが言えるのではないか と思います。

つまり、労働組合が発揮する価値は時代の変化に合わせてさまざまな領域に 拡大した結果、労働組合活動に共通するポイントが却って鮮明になったのではないかと思うのです。

それは「民主的な運営」であるということ。

言い換えると、職場で発生するさまざまな事象を"みんな"の問題としてとらえ、"みんな"で 話し合い、"みんな"で決めて実行するということです。組合員の価値観やニーズが多様化し分散している今だからこそ、個別の課題への対処よりも、組合員一人一人の思いや意見 を積極的に"みんな"で共有することを促すのです。

そこで組合員同士がそれぞれ大切にしている価値観やニーズがあることを互いに認識・理解し、尊重することを学ぶこと。そして、"みんなの想い"として束ねて活動に落とし込んでいくこと。

このような「民主的な運営」に基づいて個々人の思いを実現していくプロセスを体験・学習することが、組合活動 における"コミュニティ"の目的として設定できるのではないでしょうか。

組合活動が従来から大切にしてきたこの基本スタイルは、「自由という名の孤立」が進み、膝を突き合わせて思いの丈を分かち合うという機会が減少してきた現代において、その重要性が一層増しているのではないでしょうか。

だからこそ、私は仲間同士の思いを現実にするために、"コミュニティ"をただ単に共有する場にとどめることなく、多様な意見をつなげて新しい価値を創造できる機会にしていくことが必要だと考えます。

それは、職場単位での"コミュニティ"(つながり)の再構築や、自組織だけに留まらずに他組織とのコミュニティ(つながり)を通じて当事者同士の悩みが共有され、解決ノウハウの交換や新しい解決策を創発できる場。決して「教える・教わるためだけ」の場ではありません。 お互いの関心軸・興味で集まって対等に議論し、対話を通じて知見を広げ、違いを楽しみ ながらワクワク・楽しさを実感できる場所。そんなコミュニティをつくれたらいいなと感じています。

よし! さっそく「コミュニティが創られた労働組合の未来」について話しにいこう!

正道寺 博之j.union株式会社 東京支店

趣味は岩盤浴です。

« 前回の記事 次回の記事 »