仕事の内容

j.union株式会社

5つの職種と最適配置

社員ごとの「強み」にあわせる。
これがj.unionの人材配置ポリシーです。

j.unionには大きく分けて5つの職種があります。 社員ごとの「強み」に合わせて、その人にベストな役割を担ってもらう、それが、j.unionの人材配置ポリシーです。

5つの職種と最適配置

コンサルティング営業

職場を明るく・仕事を楽しく・人を元気にするプロフェッショナル。

コンサルティング営業は、お客さまの満足・感動のために、当社だからこそできる企画・ご提案をすることが主な役割です。さまざまな企業の労働組合の幹部の方とお会いし、その企業の課題や、組合活動を通じて実現したい夢・ビジョンなどを幅広くお伺いします。そして、当社で取り扱っている4つの柱――リサーチ、広報ツール企画制作、システムソリューション、研修コーディネート――を軸に、組合活動のご提案を行います。どんな組合活動がその組織を活性化させ、そこで働く人を元気にすることができるかをイメージしながら、それぞれのお客さまへ最適なご提案内容を考えます。さらに、現場での活動に携わったり、活動の後方支援を行ったりもします。コンサルティング営業として採用された際には、このような業務を通じて職場を明るく・仕事を楽しく・人を元気にするプロフェッショナルとして活躍していただきます。

コンサルティング営業

リサーチ

無味乾燥な数値の集まりから、お客さまの活動に結びつくストーリーを組み立てる。

リサーチの仕事と言えば、調査や集計、分析など理系の仕事だと思われがちですが、私たちの行っている調査は文系の方も大歓迎です。もちろん、アンケートで集めたたくさんのデータを入力し、集計、分析するわけですから、さまざまな数値が発生します。そこでは理系の方の力も重要になってきますが、最も重要な仕事は、その「数値」を「お客さまが分かるような言葉に翻訳する」ということです。調査結果に基づく数値をただ説明しただけではその数値が物語るストーリーは十分に伝わりません。調査結果の意味を本当に伝えるためには、分かりやすい言葉に変換する能力、表現力が要求されます。無味乾燥な数値の集まりから、お客さまの活動に結びつくストーリーを考えるお仕事です。

リサーチ

広報ツール企画制作

お客さまの伝えたい想いを、
わかりやすく伝わるカタチにしていく。

みなさんは、自分の考えや想い、やりたいと思っていることをたくさんの人に伝えようとする場合、どのような手段・方法をとりますか?労働組合が行う広報は、その組織で働くたくさんの人々(組合員)に想いを発信し共感を得ていく、重要で難しい活動と言えます。しかし、伝えたいことをたくさんの人に正しく伝えるのは、実はとてもハードルが高いことなのです。一方的な情報発信では、なかなか相手に伝わりません。受け取る相手のことを考えて、わかりやすく伝えなければなりません。そのために情報を取捨選択し、さまざまな広報媒体や直接のコミュニケーションを通じて発信するといった工夫が必要です。「伝えること」と「伝わること」の違いを認識し、お客さまの想いをカタチにしていくのが広報ツール企画制作のお仕事です。

広報ツール企画制作

システムソリューション

お客さまの「やりたい」をITで実現する。

j.unionの具体的なシステムサービスは、事務作業を支援する会計システムや組合員管理システム、活動内容の広報を担うホームページ運営システム、各種調査を実施するWebアンケートシステムなどがあります。また、昨今のメディア環境の変化から、映像をはじめとしたデジタルコンテンツ制作も多くなってきました。そのため事務作業から広報活動まで、幅広い分野をITやマルチメディアという視点で提供しています。お客さまの「やりたい」をどのような仕組みで実現できるのかを考え、実現していくお仕事です。

システムソリューション

研修コーディネート

「こんなセミナーがやりたい」を実現し
「ありたい姿」を一緒に目指す。

研修コーディネートの仕事は、お客さまが組合活動の中で抱えている課題に対して、お客さまの「ありたい姿」に近づくために、どんなスキルや知識、体験が必要かを考え、セミナーの内容や研修のカリキュラムを設計します。 j.unionで扱う研修のテーマは、約200種類あります。さまざまな角度から活動活性化につながるテーマを企画・提案しています。また講師スケジュールの調整や、お客さま・社内の顧客担当といったさまざまな人と関わるため、コミュニケーション力が求められます。j.unionのセミナーや研修を受けてくださったお客さまが元気になり、組合活動が、さらに活性化することを支援するお仕事です。

研修コーディネート