現場知フォーラム

2019.10.23
第106回「一人の女の子から教えてもらった大切なこと ~社員の娘さんの心臓移植のために立ち上がった組合とリーダー達の物語~」 (ゲスト:パスコ労働組合)

内容

今回のテーマは、「利他活動」です。
自分にとって得か損か、メリット・デメリット、費用対効果で物事を判断することが当たり前の時代。労働組合の活動に苦労されている方も多いことでしょう。
2017年春、パスコ労働組合では、当時非組合員であった社員から家族の心臓移植手術の相談を受けます。彼らは手術の費用を集めるため、連日街頭募金活動を始めました。

真夏の炎天下、多くの組合員が募金活動に協力し、全国に、さらに他の組織にまで支援の輪が広がっていきます。遂には8か月間で3億1000万円の目標金額を達成し、無事手術を受けることができました。

今回はこの8か月間の取り組みを事例報告いただきます。

お申し込みフォーム

ポイント

①組織強化をめざす執行部の方に!

<こんなお悩みありませんか>
・組合員や執行委員から活動の理解を得たい
・組織強化を目標に掲げているが、どうすればよいのか道筋が見えていない...

全員非専従の組織でありながら、取組みの意義を組織内で徹底的に突き詰め、
メンバーに伝えて活動に結び付けた結果、毎週の駅前での募金活動が
地域や他労組にまで協力の輪として広がっていきます。

組織強化への課題感や、取組みの組合員・職場委員への落とし方について
大きな学びがあります。

②組合活動の意義を伝えたい新任役員の方に!

<こんなお悩みありませんか>
・新任役員が組合活動へ前向きに取り組むきっかけを探している!
・組合活動を見直そうと考えている

様々な背景の従業員が仲間となってきている今、
誰をどうやって、どの程度支援するかは大きな課題です。
公平であるべき組合活動と多様性への対応の狭間で、
既に議論を重ね悩まれているかもしれません。

これからの組合活動を担う新任役員の方に、
「労働組合ができることはなにか」「役員として自分はどうありたいか」を
考えていただくきっかけになります。

日時

2019年10月23日(水) 18:00~20:15(参加者交流~21:15) ※17:30受付開始

ゲスト

パスコ労働組合
書記長  酒井 真哉 氏

topic image

金額

無料

会場

j.union 株式会社セミナールーム(新宿アイランドタワー22階)

≪住所≫
〒163-1312 東京都新宿区 西新宿6-5-1

≪アクセス≫
■東京メトロ丸の内線から
『西新宿駅』より30秒(改札口はひとつです)。
■都営大江戸線から
『都庁前駅』より住友ビル方面へ徒歩約8分。
『新宿西口駅』より青梅街道沿い徒歩約10分。
■JR新宿駅から
西口改札口より新宿副都心方面へ徒歩約10分。
地下道(動く歩道)で出口まで進んで右手の三井ビルのとなりが新宿アイランドです。

備考

◆定員になりましたらお申込みをお断りする場合がございます。
◆お申し込み後、事務局より詳細メールをお送りいたします。
◆録音機器持ち込みによる録音はご遠慮ください。
◆当フォーラムの議事録(「現場知レポート」)用に、その場の風景写真を撮ることがあります。予めご了承願います。

定員

30名(先着順)

問い合わせ

「現場知フォーラム」事務局:小林・渡邉
TEL:03-5339-8200(代表)/FAX:03-5339-8201

お申込み

申し込み

次回の記事 »