人材育成支援

役員の育成や組合活動の場をつくりたい

現場(職場)で組合活動を実践できるユニオンリーダーや主体的に行動できる組合員を育成します。

Strength

強み・大事にしていること

組合役員や組合員の皆さまの行動力を高める研修・セミナーを提供

「現場の意見を集め、会社と対等に協議ができるようにしたい」「時代に合ったユニオンビジョンの策定から実現まで取り組みたい」「組合員が自分らしい生き方ができるようにサポートしたい」といった幅広いニーズに応えるのが、j.unionの人材育成支援です。BEST主義の思考方法を軸にさまざまな手法で組合役員育成のお手伝いをします。また、ライフデザインやメンタルヘルス、趣味に関するものまで、数多くの講座をラインナップ。組合役員や組合員のモチベーションや行動力を高め、主体的に取り組めるようにサポートします。

やる気

組合活動の意義を理解し、動機付けて活動しようとする気持ち

×

やり方

組合知識や
組合活動実践スキル

×

行動

組合活動の実践そのもの
アクションラーニング

ものの見方=BEST主義

↓

主体的な行動ができる組合役員に!

Service Lineup

サービスラインナップ

BEST主義のリーダーシップ開発シリーズ

私たちの人材育成支援は、BEST主義の12講座を基本にリーダーシップ開発を目的としたカリキュラムで構成されています。さまざまな業界、業種の組合で単発のセミナーから、お客さまの状況に応じて複数年掛けて現場役員から本部執行委員まで階層横断的に組織のレベルアップを図るプランの設計・開発までの教育活動のご支援をしています。労働組合に関連する深い知識を持っているのはもちろんのこと、人材育成やビジネススキル開発など、得意領域を持った講師陣が強力にバックアップいたします。

分野別講座シリーズ

j.unionでは、組合員の悩みや不安を解決し、明るく楽しく元気よく働くために役立つ教育支援をするために「暮らし」「健康」「仕事」の切り口で研修テーマを設定しています。

教育体系プログラム

教育体系プログラムイメージ

労働組合が目指す人材育成のゴールは「活動してよかった」「活動を通じて成長した」「達成感を得た」などの実感が得られることではないでしょうか。確実な人材育成には同じ階層の仲間と学ぶだけでなく、上位階層のリーダーと一緒に実践(OJT)し、共有(承認やアドバイス)する場が必要です。

また、期の終わりに効果検証(人材育成効果検証アンケート)と分析を行い、次年度の育成計画に反映させることで期ごとに組織が成長するサイクルとなります。j.unionはこのサイクルをトータルにご支援いたします。

ビジョン策定

近年、多くの労働組合が「自組織のありたい姿」として「ビジョン」を掲げています。ビジョンには、目指す方向性を明確にすることで、求心力を高め、成長を促す効果があります。組織をまとめ、引っ張っていくためにはビジョンを持つことが不可欠です。また、ビジョンには「映像」という意味もあります。到達した状態や達成した状態を具体的にイメージすることで、「実現したい」という意欲を高める効果もあります。ビジョンは具体的であればあるほど、より効果的です。中期で組織の目指す方向を明確にし、求心力を高めるためにビジョン策定のご支援をいたします。

異業種交流

人材育成支援の中で、近年ニーズが高まっているのは、「異業種交流」です。日本企業は長年にわたり"自前主義"でものづくりを続けてきましたが、グローバル化や製品サイクルの短期化を背景に、他社との協業が注目されています。j.unionの異業種交流研修「Link-U」では、たとえば自動車メーカーと電機メーカー、小売業という業界を飛び越えた各組合員が、新規事業を作るというグループワークを通じ、今までにない価値観や新たな気づきを得ることで、行動変革につなげられるとして高い人気を得ています。また、異業種の労働組合役員が集い、それぞれの経験と発想を集結させ、創発(そうはつ)を生み出す「現場知フォーラム」も人気を博しています。このように、私たちがプラットフォームとなり、多様な知識・ノウハウを得られる人材育成支援にも多くの支持が寄せられています。

Service Lineup

BEST主義のリーダーシップ開発 全12講座

  1. Seminar 1

    労働組合の経営学的意義と機能

    労働組合の活動が企業の存続・発展になくてはならないものであることを学びます。組織内コミュニケーションや組合員の働きがい向上、現場情報に基づいたコンプライアンスや企業内活動に組合がどのように役立っているのかを確認していきます。また、組合活動にかかわることで、役員自身の能力開発・人材育成にどのように結びついていくのかを理解し、組合役員としてのモチベーションアップを図ります。

    [対象者]執行部、職場委員、組合員
  2. Seminar 2

    21世紀に向けた労働組合の経営戦略

    組合員の組合離れ(関心ない、興味ない)はどうして生じるのか、また、それに対してどのように対処していけばよいのかを当講座では学びます。そして、組合員の目と心を組合活動に引きつけるための活動のあり方(商品開発・販売促進)はどのように展開していけばよいかマーケティングの視点からその手法を解説します。

    [対象者]執行部
  3. Seminar 3

    発言力を強められる組合役員の立場と役割

    組合員からの支持を集めるためには、職場での対応力強化が欠かせません。職場運営の過程で発生する日常的な労使間のトラブルに、組合役員としてどのように対処すればよいか、事例研究を通じて解説します。

    [対象者]執行部、職場委員
  4. Seminar 4

    組合役員としての目標達成と活動管理の基本

    日常の職場の中で組合活動を進めるにあたり、組合役員に求められる活動管理の手法を学びます。活動目標の設定、手段および方法の検討、そしてスケジュールの立案と実践、その結果の総括まで、組合活動をマネジメントする際の基本についてお伝えします。

    [対象者]執行部
  5. Seminar 5

    組合役員としてのリーダーシップ開発

    組合役員として、日常の職場の中でリーダーシップを発揮していくにはどうしたらよいでしょうか。このセミナーでは、注意するポイントやどのような発言・行動をすればよいか、30の事例を通じて学びます。一人ひとりの意見を発表しグループ見解をまとめるワークショップ形式で、楽しみながらリーダーシップについて学べます。

    [対象者]執行部、職場委員
  6. Seminar 6

    コミュニケーション力開発

    組合活動を進めていくにあたって、組合役員に一番求められる能力、それはコミュニケーション力です。対組合員や役員間において相手の理解や満足を得るにはどのようにコミュニケーションをとれば良いのか、また問題解決に至るコミュニケーションとはどのようなものか、役員必須のスキルを演習を通じて実践的にお伝えします。

    [対象者]執行部、職場委員、組合員
  7. Seminar 7

    労使交渉・協議の進め方

    労使協議は力関係ではありません。労使交渉・協議によって相手から成果を得るには、相手との関係をWin-Winにもっていく交渉術が求められます。本セミナーは、労使関係を「顧客関係」として捉え、相手の満足を引きだしつつ自分たちの利益に結びつく交渉術の考え方とテクニックを解説します。

    [対象者]執行部
  8. Seminar 8

    部下の育成と教育・研修方法

    後継者をどのように育成すればよいか、どの組織も頭を悩ませるところです。本セミナーでは人材育成の方法について学びます。それと同時に、組合員を対象にしたセミナーを企画する際のポイントや、時には自ら講師役(インストラクター)を担って実施する際の準備や講義のポイントなど、人前で話すときの手法について解説します。

    [対象者]執行部
  9. Seminar 9

    職場討議・集会の進め方

    職場討議・集会は組合活動の中で基本となる活動です。しかし、多くの職場委員は事前のレクチャーなどほとんど受けず、いきなり職場集会に放り込まれてデビューに失敗。その後開催を躊躇してしまうことはありませんか。組合員からのどんな質問や発言にも臆することなく、自信を持って司会進行を担える考え方やテクニックを解説します。

    [対象者]執行部、職場委員
  10. Seminar 10

    組合による組織風土改革と
    問題解決力の開発-BEST主義の基本-

    今日のリーダーには、あらゆる職場や人間関係の中で発生する問題・課題を解決に導く力が求められています。この「問題解決型のリーダーシップ」は、自立的な組織風土づくりの土台となるものです。本セミナーでは成果をあげる人・組織の行動特性(コア・コンピテンシー)に着目し、わかりやすく解説します。

    [対象者]執行部、職場委員、組合員
  11. Seminar 11

    「目標管理・人事考課」傾向と対策

    多くの企業で成果主義がうまくいかないのはなぜなのか、どうすればうまく機能させることができるのか、本セミナーではそれを明確にします。また目標管理と人事考課制度をどのようにとらえ、どのように逆活用していくかを組合員の立場にたって(「被考課者訓練」)具体的に解説します。テキストは30万部を超えて読まれています。

    [対象者]執行部、職場委員、組合員
  12. Seminar 12

    これからの労働組合の経営対策活動

    先行き不透明な時代において、自分たちの雇用や賃金を守るには経営対策活動が必須です。しかし残念なことにその活動は組合員にはなかなか伝わりづらく、理解を得にくいものになっています。本セミナーでは経営対策活動を体系化し、組合役員と組合員が一丸となり、それぞれの持ち場で日常的にどのように取り組めばよいかを具体的に解説します。

    [対象者]執行部

Service Lineup

j.union専属講師

労働組合の現場から組合活動を「明るく・楽しく・元気よく」する講師陣です。

サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム